WITH 新宿 www.dive-abyss.jp 2000名以上のダイバーを育てた「地域ナンバーワン」の実績。 規定の時間内に講習が終わらない場合でも、追加講習指導料無料で、安心して受講できる『合格保証』が人気の秘密です。
PHOTOGRAPHER AYAKOのSEATIME

水中写真家AYAKOが世界中の海で出会った海のシーンを紹介していきます。


第1回 クマノミ

これから、かたくない、海の生物の話を気分にまかせて書いていきたいと思います。
お茶のひと時にでも、読んでいただければと思います。

クマノミ

クマノミ

 

カクレクマノミ
カクレクマノミ

今回は、クマノミ
数年前の映画の主人公 ニモ で、クマノミは海に入らない人にも人気がでました。
クマノミといっても、何種類か存在します。
日本には、6種類がいると聞いています。(世界では25種類)

  1. クマノミ:伊豆にもたくさんいますね。体に2本の線がはいってます。
  2. カクレクマノミ:ニモはこの種類です。体に3本の線がはいってます。
  3. ハマクマノミ:クマノミに似ていますが、体の線が1本です。
  4. ハナビラクマノミ:背中の縦の線と、エラに横の線がはいってます。
  5. セジロクマノミ:背中に、縦の線がはいってます。
  6. トウアカクマノミ:背中から見ると、ハートの模様が見えます。

♪ いち(一)はま、に(二)くま、さん(三)かくれ ♪ って覚えてくださいね!

 

ハマクマノミ
ハマクマノミ

カクレクマノミは名前の通り、一番恥ずかしがりやで、生活の場所としているイソギンチャクの中にすぐ隠れます。
実は、クマノミとイソギンチャクは共生関係にあり、イソギンチャクの触手に刺細胞があり、これがクマノミを捕食しようとする敵から守ってくれるのです。
クマノミは大丈夫なの?って疑問に思いますよね。クマノミはイソギンチャクの刺細胞に順応する能力が生まれつきあるようです。

いつもはイソギンチャクに隠れて外の様子をうかがっているクマノミ達ですが、写真を撮っているカメラに向かって、また背後からフィンや体に体当たりして攻撃してくることがあります。
それは、生んだ卵を守っている時です。その時は、皆さんも少し離れて観察してあげてくださいね。


第2回 バリ島西部の魚達

今回は、年末年始に行ったバリ島西部の魚達を紹介したいと思います。

背ビレちゃん(イソハゼの一種)

背ビレちゃん(イソハゼの一種)

 

紹介したい魚は、まず、 通称 背ビレちゃん イソハゼの一種です。 オスは背ビレがピーンと長くてきれいでした。
大きさは、2〜2.5センチ

 

キリンちゃん(オコゼの一種)
キリンちゃん(オコゼの一種)

次は、通称 キリンちゃん これはオコゼの一種ですね。
獅子浜のような、泥地の岩場に隠れていました。というか、小さくて私達には到底見つけられません。
体の模様がキリン柄なので、キリンちゃんです。大きさは、1〜2.5センチ


ピクチャードラゴネット
ピクチャードラゴネット

次は、ピクチャードラゴネット
みなさん、ニシキテグリって見たことあります? 日本では、沖縄以南の島で見られます。
よく魚図鑑にオスとメスがぴったり寄り添って上昇しながら泳ぎ、産卵する写真が載っています。
このニシキテグリに形はそっくりなのですが、下記の表のような違いがあります。大きさ、5ミリ〜8センチ

  ニシキテグリ ピクチャードラゴネット
体の模様 帯状 ドット柄
住んでる環境 枝サンゴの中 泥が少し混じった
砂地の岩場


ブラックスポットピグミーゴビー
ブラックスポットピグミーゴビー

次は、ブラックスポットピグミーゴビー。背ビレの黒点が特徴で、目の下の2本線もかわいい。
暗がりを好むので撮影しにくいよ、とリゾートのオーナーに言われたけど、うまく撮れたので載せちゃいます。
大きさ、2〜2.5センチ


オレンジダムゼル
オレンジダムゼル

次は、オレンジダムゼル
幼魚は、頭のブルーのラインと体のオレンジ色のコントラストがとてもきれい。
目の下には、涙のような雫の模様が。大きさ、〜5センチまでがかわいい。


ジャワダムゼル
ジャワダムゼル

ジャワダムゼル
幼魚は、黒地に白・黄色・ブルーが映えてかわいい。
この子は、ダイビングではなくスノーケルでないと見れず、大きい一眼を持って揺れる浅瀬の撮影でしたので、こんな写真でごめんなさいです。大きさ、〜5センチまでがこの子もかわいい。


リトルファイルフイッシュ
リトルファイルフイッシュ

最後に、私が気にいった子、リトルファイルフイッシュを。
ソフトコーラルの中を隠れるように、ゆっくり泳いでいました。
この独特の模様と、目の愛らしさが忘れられません。
大きさ、5センチ


みなさんも、機会がありましたら、こんな子たちに会いにいってください!


第3回

人間の世界と同じで、魚の世界も幼魚は小さくてかわいいです。
幼魚は小さいだけではなく、体の色や模様、形までも成魚と全く違う魅力的な子がいます。

タテジマキンチャクダイ幼魚

タテジマキンチャクダイ幼魚

 

タテジマキンチャクダイ成魚
タテジマキンチャクダイ成魚
タテジマキンチャクダイ幼魚
タテジマキンチャクダイ幼魚

まずは タテジマキンチャクダイ
小さいときは、渦巻きの模様なのに、大きくなると縦縞に変化します。
と同時に、あどけない顔が、悪人のような顔に変貌してしまいます。


サザナミヤッコ幼魚

サザナミヤッコ幼魚

 

サザナミヤッコ成魚
サザナミヤッコ成魚
サザナミヤッコ幼魚
サザナミヤッコ幼魚

次は サザナミヤッコ
八丈島に行くと、いつもタテジマキンチャクダイとサザナミヤッコはセットで見られます。
タテジマキンチャクダイに比べると、小さい時は、輪が流れたような模様をしています。
大人になると、太くて白い横縞がはいり、全体的にドット柄になります。


ツユベラ

ツユベラ幼魚

 

次は ツユベラ
この子も伊豆のポイントでよく見られます。
浅瀬で鮮やかなオレンジ色に背中の白の斑点が目をひきます。
すばしっこいので、写真撮る難易度は高いですね。

 

カンムリベラ

カンムリベラ幼魚

 

カンムリベラ
子供の時は、背ビレに白く縁どられた黒い斑点と背中にあるオレンジ色の斑点が目立ちます。
この子も、すばしっこいです。

 

イロブダイ幼魚

イロブダイ幼魚

 

イロブダイ幼魚
イロブダイ幼魚

最後は イロブダイの幼魚
白い体色にオレンジのラインが目立つ子です。
幼魚の時は、同じ場所にとどまっていてあまり逃げないので、写真は比較的撮りやすいです。


さて、ツユベラとカンムリベラ、イロブダイは大人になると、カメラのファインダー越しで魅力を感じず、成魚の写真がありませんでした。ごめんなさ〜い。
みなさん、図鑑で調べるかググってみて、幼魚との違いを確認してくださいね。


第4回

今回はカエルアンコウ。

イロカエルアンコウ

イロカエルアンコウ

 

イロカエルアンコウ
イロカエルアンコウ
イロカエルアンコウ
イロカエルアンコウ

カエウアンコウがきらいなダイバーはいないと思います。
ちょっとブサイクなんだけと、なぜかかわいい。
魚とは思えない、歩き方というか泳ぎ方。
ダイバー達の間では、まさしくアイドルです。


それにしても、カエルアンコウを見ていると、つくづく海の中は不思議な生物がいるんだと感心してしまいます。


ベニカエルアンコウ

ベニカエルアンコウ

 

ベニカエルアンコウ
ベニカエルアンコウ
ベニカエルアンコウ
ベニカエルアンコウ

カエルアンコウは世界中で、48種類ほどいるそうですが、日本で見られるものは13〜15種類。
平均して水深15m位の所に生息し、口は12倍に広がり、閉じるスピードは0.007秒と魚類最速!
おでこのあたりからエスカ(疑似餌)が出ていて、それをブンブン振り回して、餌を取ります。


クマドリカエルアンコウ

クマドリカエルアンコウ

 

クマドリカエルアンコウ
クマドリカエルアンコウ

岩にいるカエルアンコウのエスカはエビ、砂地にいるカエルアンコウのエスカはゴカイ。
と、それぞれ住んでる場所の生物に、エスカを似せているようです。


オオモンカエルアンコウ

オオモンカエルアンコウ

 

オオモンカエルアンコウ
オオモンカエルアンコウ

伊豆のポイントでよく見られるカエルアンコウは、以下の4種類でしょうか。
水中では、なかなか種類の見分けはむずかしいですよね。
私が今まで、いろいろなダイビング地のガイドさんから教えていただいた見分け方の話をまとめてみました。

  特徴
イロカエルアンコウ 目が小さい。 爪10本 第1、第2のつのが透けている。 しっぽに3つのシミがある。
ベニカエルアンコウ 目が大きくグリーン。 第1のつのが細長い。  背中(おしり)にしみがある。  
クマドリカエルアンコウ 顔にクマドリ模様。 背ビレが体色と違う色で縁どりされている。 目の周りがゴールド。 しっぽに「父」の文字が見える。
オオモンカエルアンコウ 爪11本 第2のつのが三角形。    

 

皆さんもこれらが本当かどうか、水中でカエルアンコウを見つけたら検証してみてください。
さらにカエルアンコウが好きになるかも。

 

そうそう、最後に、カエルアンコウモドキというかわいそうな名前のカエルアンコウがいることも紹介しておきますね。

カエルアンコウモドキ

カエルアンコウモドキ


 

 

お申込・資料請求・お問い合わせ

お申込はこちら 資料請求・お問い合わせはこちら 各種ツアー申込書 印刷して、ご使用ください。 FAXでお申込の場合はこちらから
ダウンロードしてください。( 36KB)